コラム 保安業務従事者 実務経歴 技術者になる 電気監理技術者

電気工事で実務経歴を積むことはほぼほぼ不可能と思ってください

投稿日:

スポンサーリンク

お世話になっております

今回は、「電気工事で実務経歴を積むことはほぼほぼ不可能と思ってください」についてです

時々ですが、「高圧の工事を5年以上経験しました」と言う方から相談を受けるのですが、残念ながら諦めてくださいと言ってしまいます。

↓のブログでも書いたのですが、

保安業務従事者及び電気監理技術者の実務経歴短縮についての注意

5年以上と言っても、週休5日で計算されていることが多いと思います。

工事の場合は、7日で計算するのが基本です。

また、工事の場合はその高圧の工事5年間分を証明する必要が出てきます。

例えば、電力会社の外線部隊であるのなら、自社の高圧工事に携わっていたと証明すればいいので照明は割と簡単にできますが、一般の電気工事店が365日高圧工事ばかりしている人は少ないと思います。

日程が60日ある工事で、高圧部分の工事は6日間だけとかになると思います。

そうすると、その6日間分を証明する場合が出てきます。その6日の工事を3年、もしくは5年間証明する必要が出てくるので、一般の方が証明するのはほぼほぼ無理と思っていただければと思います。

それでもあきらめられないと言う人は、電力安全課に相談されるといいと思います。

そこで何かしらの知恵を出していただけると思います。

◆電気保安法人設立ドットコムへ◆

 

電気保安法人設立.com

 
BLOG お問い合わせはコチラから

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

電気保安法人設立部

電気保安業界は情報量がとにかく少ないため、迷われてここまでお越しになられたと思っております。そんな皆様に 少しでもお役に立てればと思い発信しています。 設立及び設立後のコンサルティングもやっておりますので遠慮なくお問い合わせください。

-コラム, 保安業務従事者, 実務経歴, 技術者になる, 電気監理技術者

Copyright© 電気保安法人設立への道しるべ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.