営業支援

今現在の弊社の営業方法について

投稿日:

お世話になっております

今回は、今現在の弊社の営業方法についてです

おそらく、鈴和は今どのような営業方法を使っているのだろうか?と言うのが気になっている方がいらっしゃると思いますので、少しご説明させていただきます

 

その1 協力会社として登録

皆さんはこちらのサイトをご存じでしょうか?

キュービクル 保安点検価格比較サイト

たまたま近所の案件をご紹介していただいた関係でこちらに登録をさせていただいております

紹介手数料もそこまでは悪くはないので、登録させていただいております

ただしエリアに見積依頼が来た時にしかお声がかからないため、待つ必要がありますが、登録する価値はあります

また、こちらのサイトの最大の強みは「今現在お客様が契約している金額を知ったうえで見積もりが出せる」事だと思います!

駆け引きなしで、見積金額が出せるのでかなりいいと思ってます

 

その2 営業マンを雇う

単純明快です 営業マンを雇ってます

外注ですが、現在弊社で営業をしてもらっている人はおよそ3人です

料金に関しては少し変則的になってます

コストとしては激安(基本的には1円も支払ってません 本人たちにもメリットがあるように仕組みを確立しているため0円で営業をしてもらいつつお客を開拓していただいてます)だと思いますので、立ち上げたばかりの電気保安法人や電気監理技術者の方はこの方法を使うといいと思います

月平均で3・4件ずつ増えてる感じです

もう少し仕組みを確立できれば倍以上の成約率になると思うんですけどね

 

その3 ダイレクトメールを出す

過去にはテレアポなども使用してましたが、最近はこちらをメインにしてます

とにかく費用が安く効果も大きいのでお勧めしてます

DMはA4の両面カラーのはがきにして送ってますが、切手代が1枚当たりが120円と安く、さらにはがきも1枚200円ほど

200枚発送しても、62,000円

名簿屋から名簿を購入すると言う無駄なことは一切しておりませんので、名簿代は0円となっております

反応率(連絡が来て見積もりまでやらせていただく確率)がおよそ8%ほど

つまり、200枚出せば16件見積依頼が来ます

16件すべて受託できれば、毎月240,000円(1件15,000円と計算した場合)くらいの売り上げになります

DMを作るのには少しお金がかかりますが、一度作ってしまえば印刷代は安いものです

たった62,000円の負担で、年間の売り上げが2,880,000円にもなるんですから、圧倒的なコストパフォーマンスだと思います(人件費は含んでおりませんので、人件費を含めるともう少しかかるとは思いますが・・・飛び込み営業するよりかは遥かに無駄がなく、成約率も高いと思います)

嘘くさいと思うと思いますが、実際にこれに近い売り上げを上げれるほど(実際はもう少し上の金額です)お客様を獲得できる方法を確立しております

かなりコストパフォーマンスは良い方法だと思っております

地元を中心に営業をしていきたいと思っている人にとっては最高の方法だと思います

ただし、200件毎月出すのはかなりきついので、弊社では毎月40件ほどに抑えてます(毎月16件もお客様とのやり取りするのは大変なため、かなり落としてます)

上下はしますが、月に2・3件ほど増えてる感じです

弊社の規模(保安業務従事者4名)で毎月4~6件増えているのであれば結構優秀ではないでしょうか

来年くらいには保安業務従事者を2人くらい増やし、自分の代わりになる営業マンを1人くらい入れれば、月に10件ほどは増やせれると思います

そうなれば年間で120件で、年間売り上げが21,600,000円くらいになりますね・・・若干上下はするかと思いますが・・・

2・3のやり方については、大変申し訳ありませんが、弊社に電気保安法人設立をご依頼いただけた方のみお教えしております

また、こちらのやり方については販売も致しませんのでご了承ください

◆電気保安法人設立ドットコムへ◆

 

電気保安法人設立.com

 
BLOG お問い合わせはコチラから
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
電気保安法人設立部

電気保安法人設立部

電気保安業界は情報量がとにかく少ないため、迷われてここまでお越しになられたと思っております。そんな皆様に 少しでもお役に立てればと思い発信しています。 設立及び設立後のコンサルティングもやっておりますので遠慮なくお問い合わせください。

-営業支援

Copyright© 電気保安法人設立への道しるべ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.