業務支援 設立準備 電気保安法人について 電気保安法人を設立する! 電気保安法人設立 電気監理技術者or電気保安法人

電気保安法人を始めるに際に、保安業務従事者は2名が望ましい

投稿日:

スポンサーリンク

お世話になっております。

コロナがまた流行ってまいりましたが、皆さんは大丈夫でしょうか

最近、設立に関する問い合わせが増えております

今年分ももうすぐいっぱいになりますので、迷っている方は早めにお問い合わせいただき相談してください

通常であれば保安法人を設立するには保安監督部への同行をするため、交通費や出張費がかかるのですが、今は同行する必要がないため価格は通常より安くなっております

結果として受注率が上がってしまっているので、迷っている方は本当に早めにお問い合わせください

 

今回は保安業務従事者は2名が望ましいについてです

最初の頃は1名でも2名でも、保安法人が設立できるのであればどっちでも構わないと思っておりましたが、最近はやっぱり2名が望ましいなって思っております

弊社で設立をお手伝いさせていただいた会社のほとんどが1名からスタートした会社でも、途中から2名体制でやっております。

やっぱり1名でやると言うのは不安があるのだと思います

24時間365日が通常ですからね

それを1人でやる・・・夜もお酒は飲めなくなるとか、休日も携帯電話を離せないと言う話を聞いたこともあります

旅行だって、気を休めていくことができにくいですよ

そうなると、やっぱり一人は難しいですよね

色々と検討するとやっぱり保安業務従事者は2名以上が望ましいと思います

 

◆電気保安法人設立ドットコムへ◆

 

電気保安法人設立.com

 
BLOG お問い合わせはコチラから

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
電気保安法人設立部

電気保安法人設立部

電気保安業界は情報量がとにかく少ないため、迷われてここまでお越しになられたと思っております。そんな皆様に 少しでもお役に立てればと思い発信しています。 設立及び設立後のコンサルティングもやっておりますので遠慮なくお問い合わせください。

-業務支援, 設立準備, 電気保安法人について, 電気保安法人を設立する!, 電気保安法人設立, 電気監理技術者or電気保安法人

Copyright© 電気保安法人設立への道しるべ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.