お役立ち情報 業務支援 電気保安法人を設立する!

契約書の印紙は貼るべきですか?

投稿日:

お世話になっております。株式会社鈴和の電気保安法人設立部です。

今回は、契約書の印紙は貼るべきですか?についてです。

電気保安法人を設立するうえで契約書に関しては各々の地区にあります電力安全課にて雛形が用意してあります。

しかしそこに出ている雛形には印紙を貼るということが書かれていない場合があります。

では、印紙は貼らなくていいのでしょうか?

答えは、「電力安全課に提出する書類には貼らなくて大丈夫ですが、税務署のチェックには引っ掛かりますので貼ることをお勧めいたします」になります。

電力安全課からしたら、貼っても貼らなくても関係ないです。

けど、税務署からしたら印紙が貼ってないのはNGになるので、貼ることをお勧めいたします。

貼ってないことで税務署にチェックを受けると、後ほど追徴で徴収されます。

なので、貼ることをお勧めいたします。

◆電気保安法人設立ドットコムへ◆

 

電気保安法人設立.com

 
BLOG お問い合わせはコチラから
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
電気保安法人設立部

電気保安法人設立部

電気保安業界は情報量がとにかく少ないため、迷われてここまでお越しになられたと思っております。そんな皆様に 少しでもお役に立てればと思い発信しています。 設立及び設立後のコンサルティングもやっておりますので遠慮なくお問い合わせください。

-お役立ち情報, 業務支援, 電気保安法人を設立する!

Copyright© 電気保安法人設立への道しるべ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.